学会優秀賞

日本義歯ケア学会
理事長 河相 安彦
表彰委員会委員長 水口 俊介



2021年度日本義歯ケア学会優秀賞(優秀学会賞,優秀奨励賞)候補者を下記の要領で募集します.

応募資格

(1)優秀学会賞は,学術論文を介して,本会の発展に顕著に貢献した研究者を顕彰するために設けるものであり,評価対象となる論文は,応募年度の本会機関誌に掲載された論文とする.又,過去5年間に本会学術大会で発表し,且つ本年度中に国内外の関連学術雑誌に掲載(電子版も含むが印刷中は除く)された論文も対象とする.応募者は応募年度において35歳以上の者で,応募年度を含め3年以上継続して本会会員である者とする.
(2)優秀奨励賞は,本会の進歩発展に貢献し,若く優れた研究者を育成かつ助成する目的から設けるものであり,評価対象となる論文は,応募年度の本会機関誌に掲載された論文とする.又,過去5年間に本会学術大会で発表し(発表時も筆頭発表者であること),且つ本年度中に国内外の関連学術雑誌に掲載(電子版も含むが印刷中は除く)された論文も対象とする.応募者は当該論文の筆頭著者であり,応募年度において34歳以下の者で,応募年度を含め3年以上継続して本会会員である者とする.

申請方法

 優秀学会賞,優秀奨励賞に応募する者は次の書類を総務担当理事まで提出すること.なお応募者を推薦する者は本会会員とし,1推薦者から1件に限る.また申請論文の共著者はその推薦者の資格はない.
(1) 学会優秀賞申請書
(2) 申請論文PDF
(3) 共著者承諾書

日本義歯ケア学会 学会優秀賞候補 申請書
日本義歯ケア学会 学会優秀賞候補 共著者承諾書

注意:2021年度中に論文化された研究が対象
申請期限:2022年4月30日

推薦選考基準

(1)優秀学会賞
①義歯ケアの分野における学問および技術として顕著に貢献し優れていると認識できること.
②論文の内容に学問的および技術的な有益性が認められ,論文の論旨,意義が明解であること.
③論文の内容が義歯ケアの分野への大きな貢献を将来に期待できること.
(2)優秀奨励賞
①研究の方法や目的に新規性があり,新しい分野を開拓する可能性のあること.
②研究の結果および考察が理論的で,かつ理解できること.
③本賞を受けたことがないこと.

申込先
日本義歯ケア学会事務局
denturecarejp@gmail.com


表彰事業規定